津軽鉄道 「嘉瀬駅」

youtubuは、smapを入れたかったですが色々あって全然入れられないので・・・
ってか、こちらの記事は我らのこの大先生・・・この方を忘れちゃいけません・・・
「津軽平野」という曲は元々吉幾三が作った曲ですが提供して最初は千昌夫が唄った。
津軽の人にはメッチャ名曲です・・・
そして、これは吉幾三先生自信が唄ったのもののようですが、「木造り田植え入り」というのが含まれているんです。
同じ津軽生まれでも、私が生まれ育ったのは東津軽郡(かみいそ)で反対側に生れた吉幾三先生が生まれた北津軽郡を陸(オカ)と呼んでいました。確か、海が無い意味で「オカ」
東津軽郡は、海の唄が多くって更に出稼ぎでにしんを追って北海道によく出稼ぎで行ったので、海の唄が多いので陸(オカ)の歌は、聞いた事が無く・・・吉幾三先生の歌はとても新鮮に聴き惚れてしまいます。
あんなにバラエテイな方ですが、唄うと「神」です!
あんな津軽の人の心にするりと入っていける唄い方する人いません。
津軽の人の心に自然に入り込むそれは、津軽の人だから・・・
なまりは、津軽の心の温かさ・・・


え~~っと、ちょっと熱く語ってしまいました・・・
ここ、青森県は金木町、吉幾三先生は嘉瀬出身・・・
ホワイトハウスと呼ばれている実家は、家があんまり白くって吹雪くと家が分からなくなるらしいです(爆)

そんな吉幾三先生の馴染みある「嘉瀬駅」にはちょっと以前から寄ってみたくって・・・
私鉄、津軽鉄道 「嘉瀬駅」
嘉瀬駅1

吉幾三先生が、若い頃この駅から母親に見送られて東京に旅立ちました・・・
嘉瀬駅2


はい!「夢のキャンバス号」 通称、「伸吾列車」♪
嘉瀬駅3

1997年、フジテレビ「smap×smap特別編」で、香取信吾と旧中里町の小学生9名で塗装され運営された。
嘉瀬駅4

2000年、3月で廃車となりましたが見に訪れるお客様が多く金木駅貨線に留置され展示される事となる。
嘉瀬駅5

その後、車両の反対側が見たいとの要望が多く留置場所が逆となる嘉瀬駅に2007年に移される
嘉瀬駅6

そして、20年が経て修復をすればいいのか悩んでいた所2017年にフジテレビ「おじゃMAP」の企画で香取信吾と当時の子供達が再開して修復する事になった・・・
とにかく、マナーの良い地元住民に感謝だったようです・・・
嘉瀬駅7

駅構内のこの電話・・・10円入れてかける感じが懐かし過ぎ・・・いまでも、緊急で鳴るらしいです。
その際には誰かが電話に出ないといけません・・・私、出たい・・・
嘉瀬駅8

朝日新聞にj掲載された新しい3人の決意表明・・・
嘉瀬駅9

ここは、伸吾ちゃんを応援する力がメッチャ見える・・・
嘉瀬駅10

そんな津軽鉄道「嘉瀬駅」
もっと、駅構内に吉幾三さんのものも展示したらいいんじゃないかと思ってしまいます。
五所川原とかそういうの多いけど、実際の地元はここですから。
何かお手伝いが出来たらいいな~・・とか思ってしまいます・・・
だって、津軽鉄道・・・だいぶ青森の唯一の私鉄!
凄い歴史とかいっぱい観光要素があるはず・・・
JRは太宰(?)で推すなら、津軽鉄道・・・何かしらもっと別に出来ると思ってしまう・・・
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

深浦 横磯駅

ユーり♪



深浦に行くたびにいつも気になっていた駅

民家の間を抜けて、目の前は日本海っていう駅は五能線ではよくあるけど・・・

民家の間をぬけてっていうのはあまりないような気がして・・・

一度どうしても行きたかった・・・

そんでもって、来ちゃった☆
横磯駅5


目の前にある神社は、深山神社と言います。
横磯駅6

割と国道からすぐです
横磯駅1

でもきっと、五能線から降りたこの景色は非常識のような場所なのかも知れない・・・
横磯駅2

だって、目の前はこんな海
横磯駅3
駅のコンクリートと地平線を合わせようとしたんですが・・・どっちかが歪んでる(爆)

駅の浦にあった干してある鮭・・・いつからの物なんでしょう・・・(謎)
横磯駅4
ってかもう食べれんし(爆)

だいぶ何年かぶりの「駅鉄」写真

最初このカテゴリーを作った時はコンデジで、私に鉄道は撮れないと思っていたのでせめて好きな思い入れのある駅を撮ろうって思っていたんだけど今じゃ鉄さえ撮っちゃう始末(爆)
でも、駅ってなんかいいよね~♪
だって、色んな場所へ行けるしあわせな妄想が出来る♡

やっぱ、五能線・・・なんだかんだでやっぱいいな~!

もういっそ憧れてても、乗らない方がず~~~っと素晴らしい憧れでいれるような気がするのです・・・


あ、もう一丁五能線FIGHT☆
web拍手 by FC2

津軽線 VS 津軽線

サカナ♪



蟹田駅です♪

用事があって蟹田まで行ってなんとなく蟹田駅へ立ち寄りましたら・・・

なんだか独特な聞き覚えのあるエンジン音が聞こえてきたので吸い寄せられるように駅脇へダッシュしてホームを眺める・・・

うお!!これは!!!

しかもすぐまたなんか来た!って思ったら、ダブルコラボ~♪
津軽線1

そういえば以前、深浦でもコレが走ってるのを見た時夢でも見てるかと思ったんです・・・
津軽線2

だって、私が小さい頃乗ってた津軽線がまさにこのオレンジ!!
国鉄からJRになっていつの間にか今の白いカラーに赤のラインが入ってるやつになったけど・・・あれもキハですよね?
津軽線3

ボックスシートや手すりなんかそのまんま・・・懐かし過ぎて、本当に夢見てるみたいでタイムスリップしたみたい
津軽線6

このドアなんて出発する時は自動で閉まったり手動で閉めたりしてましたが、走ってる途中でも開けたり閉めたり出来たっていう(笑)
津軽線7
今はきっとちゃんと全て自動でしょうね(苦笑)

あ、こちらの方も津軽線で何度か乗った事はあるんですが私はあまり馴染みがないのだす(汗)
津軽線4

現代過ぎて(爆)
津軽線5
だって、ほとんど都会的横座りシート(爆爆)
あ、もちろん賛否両論があると思いますし、好き嫌い自由だと思います。
でも津軽線はやっぱりボックスシートがいい。
地元から青森駅に着くまでの間、ノリ巻き食べたりマンガ本読んだり、いらないノートに絵を描いて時間をつぶしたり、重い窓をあけて流れる見慣れた風景に身を任せたり・・・
独特なエンジン音とオイルのニオイや床が木製だったと思います。
トイレなんか絶対入りたくなかったけど・・・だって、振動で勝手に開いちゃうんですよ・・・そしたらお尻丸見え状態(滝涙)
車両と車両のつなぎ目がグネグネして面白くてそこで遊んじゃうんですよね~、んでどこかの大人にすぐ怒られちゃう(爆)

そんな小さい時の思い出の詰まった津軽線。
自分が大人になってから深浦で見た時、目を疑いました。
深浦でも昔から走ってたのね~。
ディーゼル車っていうんでしたかね?
なので「列車」ではなく「汽車」って言ってました。
国鉄時代の物だと思っていたのでもう見れないのだとばっかり思っていました。
まさかの、まだご活躍されていたんですね。
嬉しいやら死ぬ前にまた一度乗りたいやら(苦笑)
大人になったら、この汽車で青森駅から下りで帰る時に駅そばを買って汽車で食べるのが憧れでした。
たまに誰かがまかしちゃう(こぼしちゃう)んですけど(汗)
床にそばのつゆがしみつくと匂いがまた強烈でしたが(苦笑)
私の地元の駅も今みたいな少し小綺麗な感じじゃなく、コンクリートの塊のまるで防空壕みたいな無機質な駅でしたが・・・
たまに津軽線で実家に帰るのもいいと思ってしまいました☆
web拍手 by FC2

深浦ブラブラ~からの~、白神岳登山口駅♪

あれ?このイラストって・・・


驫木駅のあとは~・・・はい!!ゆとりの駐車帯♪
雲が切れない感じですが、久々の白神山地☆
ゆとりの駐車帯1

可愛いので撮らせていただいたんですが、なんだか緊張MAX???
ゆとりの駐車帯2

んでもって、久々の像岩さん♪
像岩さん

さて、そろそろ来るかな~???
白神岳登山駅

来た~~~~!!!!!アジサイが正面から入らなくてどうしてもこんな構図に・・・
ブナ1

後追いスマンっす~~~!!!(汗)
ブナ2


それでも、一人満足で深浦を後にします。
やっぱ深浦はいいね☆
web拍手 by FC2