fc2ブログ

十三湊(とさみなと)浪漫タップリウキウキ探訪♪

歴史は好きではなかったです・・・でも、この仙台の独眼竜正宗は小学生なりになんだか本当に好きだった!

っていうか、渡辺謙が好きだった・・・小学生で私どんな趣味だったんでしょう・・・自分で思うけど、渋いな~(爆)

ってか、youtubuの選曲間違ったかな?こちらは真田丸♪

お好きなyoutubuでどうぞ(苦笑)

え~~っと、雪が溶けるまで待てない件があります!
実は以前より気になっていましたが、とうとう食いつく程になってしまった・・・
特に教科書に載ってるような事は知りません・・・
ただ、青森県民に産まれたからには青森の歴史を知っておきたい・・・
以前、十三湊について記事を書いたけど全然心が入ってない(爆)
そこからどんくらいの年月が経った?今さらハマっている(爆爆)
っていうか、最近歴史が好きだ・・・これも年のせいか???(爆)
とにかく青森の歴史が気になってしょうがない
しかし、ん~びゃく年前の青森の歴史だなんてほぼ書に残ってないあたりが一番ネックなのだけど、だからこそ余計気になる・・・
青森には名の知れた「津軽藩」「南部藩」「斗南藩」「豪族安東(阿倍)氏」が存在した・・・
調べれば調べる程、実際はそれぞれの歴史があり過ぎる・・・
よく知らないですが間違っていたらすいません、誰か間違いを正して下さって結構♪

津軽は元々南部が先祖?南部は岩手方面出身?斗南藩は長野の確か関ヶ原の戦いで青森に落ちて青森にりんごを広めた藩?
その中でも豪族安藤は、「安東」とも「安藤」とも言われていますが、元々の祖先は「阿倍」だそうです・・・
前九年の役(ぜんくねんのえき)1051年~1062年で朝廷側の源頼義と戦った阿倍貞任(あべのさだとう)の末裔とし、阿倍のを本性としていたとの事。津軽海峡を挟んで、蝦夷(北海道)を行き来しアイヌと交流を深め、特に北方産品(昆布、鮭、毛皮)を日本全国と中国やインド(?)にも交易を広げていたようです。
大変大きな水軍だった事が伺えます。
特にこの安東水軍を大きくしたのが、安東宗孝(あんどうむねすえ)だったかな~?
え~~っと、色々調べるうちにわけわからなくなりました・・・

十三港のしじみ漁の場所・・・
十三湊1
正月が明ければ、きっと美味しい寒しじみが~・・・ジュル♪

中世のメインロード♪
十三湊2
実際は、二度滅ぼされてどうにもならなかった大変な街の中心地区

まだ、「十三往来(とさおうらい)」とか読んでないので何も言えないのですが、実際はとっても大きな都市だった模様・・・
十三湊3
とにかく今は雪に覆われている為、何も見えましぇ~ン(涙)

こちらは旧十三湖小学校跡・・・
十三湊4

十三港調査室として使用していたようです
十三湊15

実はまさに、この場所が「豪族 安東氏」の館跡だった模様・・・
十三湊5

このグラウンドが安藤氏の館だったみたい・・・
十三湊6

その後はこちらの「浜明神宮(はまのみょうじんぐう)」
十三湊9
こちらは、十三湊に出入りする船舶を監視する重要な施設であったと考えられているようです。
当時は「濱明神宮」という名前だったそうで、延宝四年(1676)に創建され、文久三年(1863)に境内から119体の懸仏など宗教遺物が出土したとの事。
調べるとこれらの懸仏等の出土遺物は中世十三湊の最盛期(14~15世紀)の頃のモノであり、相当な規模を誇る宗教施設であったと考えられているとの事。
「懸仏」って、何?って思った方はググって下さい(苦笑)
伝説では、そのうちの2体が濱神社に残し、残りの117体は弘前の最勝院に収められたとなっていますが、現在では所在不明だそうです。
ってか、あの最勝院ですか~~??五重塔の塔の~~~?コレは上がります~~~!!まさに私の一代様じゃないっですか~!!!(>_<)フンフン!!
興奮が冷めやらんとです!!!
あ~~、それが本当であって欲しい~~・・・

はい、多分だいぶ確信地で勝負しています!
十三湊10

ただ、宗教施設っていうのがよく分かりません・・・
十三湊11

実は入ってお参りをしたかったんですが・・・誰もいないので断念・・・
十三湊12

凄い見晴らしの良い神社からの風景はこんな感じ・・・
十三湊13
この木がなければ、もっと見晴らしがイイ・・・
きっと、その昔はこんな木はなかったはず・・・

さてお腹が空いたので、ご飯を食べにここを去ります♪
十三湊14


十三湊(とさみなと)編、少し続きます☆
web拍手 by FC2

つがる市の旅「福島城跡」うさぎ屋さんスペシャル ラスト

ここは道の駅、十三湖高原の側にあります。

昔からお城があったというのは聞いていましたが、いいなぁ~津軽のお姫様になりたかった・・・

061_20120528103233.jpg


062_20120528103232.jpg

平安時代後期の10世紀後半に築かれたとみられる。10世紀後半から11世紀までの土師器が城域から出土するが、これは北緯40度以北の東北地方北部が中央政権の影響下から離れて北海道で9世紀に始まった擦文文化圏に合流していた時期にあたる。同時代に東北地方北部から北海道渡島半島南部にかけて住居群を堀で囲む防御性集落が盛んに造られていることから、福島城は擦文文化人が何らかの軍事上の情勢に対応して築いた城であると考えられる。

内郭は室町時代前期の14世紀後半から15世紀前半に築かれた可能性が高い。福島城から南西3キロメートルの位置にある十三湊が最も栄えた時期にあたる。

「十三湊新城記[1]」に記された、安倍(安藤)貞季が正和年間(1312年-1317年)に築いたとする新城を福島城にあてる見解がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ウィキぺディアより抜粋

063.jpg

ロマンがあるわ~☆

だから、うさぎ屋さんが言ったように十三湊は一番古い町って事なんでしょうね~!

十三湊=とさみなと

青森在住じゃない方に青森の歴史を習いましたが、やはりなんかつながりがあるようで嬉しいです。

064_20120528103231.jpg

県外の方が青森に興味があるっていうのは嬉しいですよね。

だって青森ってなんだか本州の端っこに追いやられてたようなイメージがあり、新幹線の開通でようやく全国区に認めて貰えたような感じがするんですがこんな方がいて、そして旅行して下さった知らない方々も青森良かった~!桜綺麗だった~!食べ物美味しかった~!空気がうまかった~!海も綺麗だった~!リンゴの花も可愛かった~!菜の花も見ると幸せな気分になる~!見る物いっぱいあった~!って言ってもらえれば、青森のわげもの(若い人)も、もっときっと自分の故郷が好きになるはずですよね。
そういう私は昔故郷が嫌いでした。
都会に行けば珍しがられたりしましたが、青森に帰れば?と言われたこともあります。
今ならちゃんと言えますよ~☆

「青森さ来いへ~☆」

・・・・・なんか、青森太郎さんみたいですね(苦笑)


青森・十三湊遺跡



人気ブログランキングへあんまり興味なかったけど、福島城へポチ!
web拍手 by FC2

道の駅「十三湖高原」うさぎ屋さんスペシャル

まだまだうさぎ屋さんスペシャルは続きます。

は~い、チャーリー♪つがる市は自然タップリ、ミルクタップリ

056_20120528083217.jpg

いたいた~ギュウーギュー詰め←やっちゃった(爆)

この先の牧場を過ぎれば見えてきます

060_20120528083216.jpg

看板の下の牛さん、後ろ向きモード(苦笑)

059_20120528083216.jpg

何やらここにも牛さんがいます(笑)

057_20120528083215.jpg

も~・・・ソフトクリーム撮ると近いからみんなぼやける

綺麗に撮れない・・・

ソフトはすぐ溶けるから設定モード替えてる間にデロ~ンとなっちゃう

でも味の方は美味しい~

十和田駒トラックの農ソフトも美味しいですよね~☆・・・食べに行きたくなって来た・・・

001_20120528084659.jpg

こちらお土産で売ってたしじみの「十三ラー油」

まだ食してませんが、上手いこと間違いないと思います

だって割と高かったし、道の駅十三湖高原でしかないものですから・・・

食べるの楽しみ



青森県五所川原市相内実取287-1058
電話0173-62-3556
営業時間9:00~18:00(冬期~17:00)
休館日12月31日~1月2日



人気ブログランキングへ後ろ向きの牛さんへポチ!


web拍手 by FC2