fc2ブログ

会津若松城(鶴ヶ城)

  • Day:2023.11.21 20:00
  • Cat:福島
「JIN-仁- メインテーマ」♪



はい、車中泊3日目です。
飯盛山から移動して来たのはこちら「会津若松城」通称「鶴ヶ城」と呼ばれていますね。
少し行く前にyoutubuで勉強して行ったんですが、内容が広大過ぎてだいぶ無理でした(爆)
なのでそれなりにいつもの浅い知識な感じで頑張ります・・・

福島3日目は、ようやく天気に見舞われる( ̄▽ ̄)
東北的に全然天気が良くないまでに、11月6日から9日までは、8日と9日しか晴天がなかったのでこの貴重な晴天を本当に有難く思いました。
この日、11月8日。
飯盛山から移動して、段々と天気の回復が見れた事に本当に感謝しました。
会いに来たよ!!鶴ヶ城!!!!
駐車場に車を止め、いくつもある鶴ヶ城の入り口ですが割と最近(?)新しい入り口から攻める事に決め(っていうか、相方氏の都合上)見たらメッチャ可愛い柴犬発見🐶
なんでこっち見てたんでしょう???
きっとうちの相方氏が変顔してたので気になったのでしょう・・・(大ウソ)


t1_2023112019524823e.jpg

ううう~~!!麗しの鶴ヶ城です!!!
美しいじゃ~~!そして大きい!!!こんな立派なお城を見た事ありません!!!
白亜のお城と言えば、愛媛の姫路城ですか?
私には初めて見る白亜のお城はコチラ、福島県若松城(鶴ヶ城)🏰
福島なのであかべこ♪


t3_20231120195252f03.jpg
 

もう凄いですよね!!
だって、本当の石畳を使わせないんです!!
壊れないように、観光客が歩く用の階段が出来ています・・・


t4_20231120195253849.jpg 

ドキドキしながら入るとすぐ、昔からあるそのままの石垣が見れます・・・とにかくヤバイです・・・
t5_20231120195254126.jpg 

お城的には新しく建てたので中は、博物館的な資料的な物がいっぱい・・・皆さん観光客的に凄いボリュームのある内容で、一番興味があるのは何ていうんですか?昔の絵巻物?もちろん本物ではないですが、この絵巻物にメッチャ誰もが釘付けになっていてなかなか進まない(苦笑)
t6_20231120195256979.jpg 

私だって、めっちゃちゃんと見たいです・・・絵巻物をよく見ると本当に細かくて面白いんです!
同じ動きだけじゃなくて、色んな動きをしているんです!
密でちょっと怖いので、端折って先へ進む・・・

t7_20231120195257a28.jpg 

おおお!!これは、youtubuで勉強しました!
縦に伸びている屋根の所は武器庫なんです!
その先の廓は、食料庫。

t8_20231120195259c4a.jpg 

手前の階段がある所は「武者走り」と言って、敵が攻めて来た時に武士がその階段を急いで登り降りする為に作られた階段。
t9_20231120195300186.jpg 

はい、めっちゃ人気の銀杏の木は外国人とか観光客とかにメッチャ独占♪
t10_202311201953024d7.jpg 

広大過ぎる鶴ヶ城・・・
t11_202311201953038c5.jpg 

向こうにさっきまでいた飯盛山があるんです・・・あの山から白虎隊は、あの日この鶴ヶ城が見えた・・・
t12_202311201953051aa.jpg 

これから行く、「茶室麟閣(りんかく)」・・・
t13_20231120195306743.jpg 

 
天守閣です・・・立ち止まらず進みましょう・・・
t15_202311201953096a2.jpg 
 

こんな風に狭間から敵を狙ったんでしょう・・・
t18_20231120195314c63.jpg 

城から出るともうすっかり青空でして、秋の景観・・・
t19_20231120195316ff1.jpg 

向こうに雲が見えますが、綺麗な鶴ヶ城を息を飲んで見つめます・・・
t20_20231120195318839.jpg 

青森県民なのに期間絶賛中の「菊と紅葉祭り」の弘前城へ行かず、こんな遠い福島のお城を堪能しているなんて少し滑稽だと思いながら撮っています(爆)
t21_20231120195356d15.jpg 

ちゃんと撮ればもっと綺麗に鶴ヶ城が撮れたはずの構図(涙)
t22_202311201953585a7.jpg 

この鶴ヶ城、主がいっぱい変わっているんです。
調べたらわけ分かんない感じになっちゃいまして途中でやめた(爆爆爆)
ただ、こんなにオーナーが変わるお城ってあるんですか?
石垣を見ればだいぶ変わったのが分かるらしいですが、分かっているだけでも3段階(爆爆爆)

t23_202311201953591d5.jpg 

11月の鶴ヶ城散策・・・
t24_20231120195400829.jpg 

こちら「月見櫓」というらしいです。
名前がロマンチックですよね~♪
ここは、鶴ヶ城本丸の南側にあった櫓だそうですが現在は石垣しか残っていない感じです。
しかしながら、ここから見た鶴ヶ城は素晴らしく丁度桜の紅葉の上に城が浮かんで見えるようだった・・・
実際は、茶室のお茶わんをこの櫓に収めていたようです。
高級な貴重なお茶碗がっぱいいあった事でしょう・・・

t25_20231120195404012.jpg 

そして、ここから見えるのが「廊下橋」・・・これ凄いです・・・
t26_202311201954039b5.jpg 

そしてここから見る鶴ヶ城もヤバイ・・・月夜の晩にfightしたい・・・
t27_20231120195406a6a.jpg 

そして来ました・・・「麟閣」
私今回初めて知りましたが鶴ヶ城を勉強して知った「麟閣」って、何ぞや?って思って・・・だいぶ勉強して頭が痛いです・・・
お茶と言えば、「千利休」ですよね・・・
豊臣秀吉の怒りに触れた為に千利休は死を命じられました。
しかし、その息子を死なすわけにいかないと思った蒲生氏だったかな?ここ間違っていたら申し訳ないです・・・
その蒲生氏が、その千利休の息子をかくまったわけです。
この血を絶やすわけに行きません・・・

t28_20231120195407578.jpg 


せっかくなので、千利休のお子さんに残して貰った茶室に行っちゃおうじゃないですか!!

t29_20231120195409915.jpg 

美味しいお茶とお菓子を戴きたい・・・
t30_20231120195409c5b.jpg 

っていうか、景観が本当に素晴らしくてどんだけ時間を掛けたか分からないくらい・・・
t31_20231120195413019.jpg 

こんな綺麗な写真を撮れると思っていませんでしたから、いっぱい時間を撮る・・・
t32_20231120195412859.jpg 

鳥まで撮れる環境・・・ヤバイ・・・
t33_2023112019541547c.jpg 

紅葉も綺麗過ぎて、鶴ヶ城にとりこになる・・・
t34_2023112019541827d.jpg 

 うわ~!ここでお茶をいただけるんですか???
t36_2023112019542154a.jpg 

ドキドキしかないんですが、なんでかお茶を撮ってなくってインスタ用ばっかでスマホで写真を撮った模様(涙)
一眼では、普通にこの時代お茶会とかって誰しもが一番集まる流行りだった模様・・・

t37.jpg 

とにかく広い鶴ヶ城・・・また桜の時期にはメチャクチャ綺麗な事でしょう・・・
t39.jpg 

リフレクションをメッチャ撮っていたら、なんだかお母さんが話しかけて来ました・・・
お母さん 「あら?水に映るの?」と、メッチャ笑顔で・・・
あ・・・この人、写真撮れる人だ・・・ってなんだか意味分からなくドキッとした次第・・・
多分、写真上手い人だ・・・って思った次第・・・
私、誰にでもライバル心グイグイなので(爆爆爆)
t38.jpg 

銀杏の木って、どこに行っても凄い人気なんですね(´▽`*)
t40.jpg 

はい、ようやく来た「廊下橋」
t41.jpg 

「廊下橋」とは、木橋に塀や壁、また屋根を設けて内部を見えなくした橋の事だそう。
戦時には攻撃を防ぐのに有効で、多くは城主専用で殿様が移動する姿を見せない為に工夫されたとみられているようです。

t42.jpg 

そんな廊下橋から見えるのはチラッと鶴ヶ城・・・
t43.jpg 

ここから出るのかと思ったら、相方氏お城方面に戻ります・・・
t44.jpg 

私と言えば、この石垣に刻まれたと思われる「♡型」のシミを見つけたいんですが全然今回見つけられず(涙)
t45.jpg 

最後に鶴ヶの城の鐘が鳴る所に遭遇!!!
t46.jpg 

こちらの鐘・・・泣くも語るも・・・
実は戊辰戦争の時も一度も欠かすことなく時刻通りに鳴らしていると有名な鐘です・・・
t47.jpg 

そんな鶴ヶ城まだまだ見たい所がありありますが、後ろ髪惹かれる思いで後にします・・・
t48.jpg 


最後にこちらの案内版♪



スポンサーサイト



web拍手 by FC2