メモリアル毛無パラダイスライン

空白さんの所でかかってたこの曲♪
私は知らないんだけど、良い曲です。



昨日は記念日となりました♪
だって、憧れの初八甲田毛無パラダイスラインをトレッキングしちゃいましたから♪
事前に色々な方のブログを見てて、「行ける」って思ったんです!!
ただ・・・色々甘かったっす・・・
まず、国民の休日は出歩かない主義なんです。
しかも、お仕事が朝までありました。
ネム・・ネム・・・zzz
でもでも!天気良予報を見る限りでは三連休の最後、10月14日が最高の天気でその後はまた崩れる予報。
行くならいつですか?
今日でしょ!!!(もう古い?)
って感じで体に鞭を打って行きましたよ~~~!!!
ってか、八甲田へ向かう途中観光通り過ぎた辺りからだいぶ激混み!!
車がなかなか進まない!
更に萱野茶屋辺りから10キロ走行!
究極の坂道発進!!
普段の交通量からはあり得ない・・・
さすが三連休最終日。しかもこの日だけの晴天!!
そりゃみんな行くでしょう~ね~。
八甲田ロープウェーに着いてもなかなか車が停められない状態で道路にまで停めていた人がいましたが、私素早く見つけました!
ってか、何このロープウェーの人ゴミ・・・(泣)
ヒ~~~!!!
IMG_9236.jpg
ロープウェーも激混みで約1時間待ちの状態からようやく山頂駅。
IMG_9237.jpg
ウワ~~!!青森市内も岩木山もちゃんと見える~~!
IMG_9239.jpg
ななかまど?がまずみ?なんかピントずれてないですか?
IMG_9245.jpg
さて、先日歩いた瓢箪型のゴードライン途中から赤倉岳方面へ行って途中から目標の毛無パラダイスラインへ!!
田茂萢岳が見えます。
IMG_9255.jpg
途中の木の根っこが階段の代わりです。(便利です)
IMG_9259.jpg
すさまじい岩のアップダウンと泥んこ道をドロだらけになって進みますと、何人かのカメラマンさん達とすれ違います。
P「こんにちは~!三脚重くないですか~?」
カメラマンさん「重いよ~!投げたくなるね!」
う~・・・私、やっぱ八甲田をなめてました・・・
んで、ようやく平坦な道が見えました!岩木山も見えます!
IMG_9265.jpg
あ~・・・ココに布団敷いて寝たい~!!北八甲田に囲まれて眠りたい~!
IMG_9268.jpg
上毛無岱展望所ですかね~?
IMG_9274.jpg
冷凍のご飯をチンしておにぎりにして食べましたがメチャ美味しい☆
IMG_9281.jpg
あ~、夕陽まで待ってたら最高な写真が撮れるはずです!
IMG_9284.jpg
現に何人ものカメラマンさん達が三脚で狙ってます!
山頂ロープウェーを望遠!
先日の記事の反対側からゴルゴ13の如く狙い打ちです!
IMG_9287.jpg
あ~・・・ここから夕陽岩木山を撮りたい~・・・(泣)
IMG_9288.jpg
そして、今回の目標地帯!!
階段からの毛無岱☆
IMG_9290.jpg
おおお~~!!
IMG_9293.jpg
癒される~・・・
IMG_9296.jpg
右側の大岳から下に向かって道が見えますが、毛無岱までの階段です。
長いです。
IMG_9300.jpg
お?ゴールの酸ケ湯温泉までの道が遊歩道っぽくなって来ました!
これから楽な道かな?
IMG_9313.jpg
いや、そうでもないです・・・(汗)
アップダウン激しいし・・・下りで岩の道や田んぼ道までがあって、マリコ様をかばってドロ道でとうとう尻もちを付いてしまいました(泣)
足の力がもう限界です。
IMG_9314.jpg
ようやく酸ケ湯上の駐車場が見えます。
IMG_9339.jpg
だいぶ紅葉が進んでいる酸ケ湯方面です。
IMG_9360.jpg
この後、ロープウェー山麓駅までバスで行きたかったんですがバスが行ってしまった後であと1時間待たなきゃいけない様子(泣)
一時間あったら酸ケ湯にでも入って行けますが、準備してないし・・・
すでに相方氏が帰ってる時間だし・・・
しょうがなくお金はかかるけどタクシーでロープウェー山麓駅へ行く事にして・・・
したらこのタクシーの運ちゃん、私の首から下げてるカメラを見て
運ちゃん「写真撮るの?オラの知り合いも写真好きでさ~!この時間城ヶ倉大橋綺麗だよ~!」
P「そうでしょうね~」(知ってるし・・・)
運ちゃん「う~・・サービスするから城ヶ倉大橋で写真撮らない?」
P[え?(うさんくさい?)本当にいいんですか?」
運ちゃん「いいよ!オラだって携帯で写真撮りたいけど仕事だしなかなか行けないから~!今日は本当にいい夕焼けだよ~!」
あ・・・写真撮りたかったんですね(苦笑)
私はいいカモになったわけだ(苦笑)
とにかくラッキ~♪
IMG_9364.jpg
城ヶ倉大橋の観光客の数がハンパない!!
でも、負けずに撮る!!!
運ちゃん、橋のど真ん中に停めてくれてタクシーをまわしてくるとの事。
私はその間撮りまくっていたんですが、運ちゃんいつの間にかいて携帯で撮っています(笑)
携帯でもかなり綺麗です!!
最高な夕日でした。
もっと粘りたかったんですが、しょうがないです。

最高な一日を有難うございます!
八甲田さん♪
最後にタクシーの運ちゃんを褒めちぎったら「お嬢さん、お口が上手いですね~!」と言われました(笑)
私より少し年上のお兄さんって言って、少し旦那ネタをしゃべっただけだったんですが・・・
このタクシーの運ちゃん、名前がまた神様みたいな名前で(笑)
私も言い過ぎた気がしますが、それで気分が良くなれて知らない人でも一瞬だけでもこの長い人生幸せになれたらそれもいいと思いませんか?
私、そんな大人の女性になりたいです。
いざとなるとなかなかジョーダンも言えませんが(苦笑)
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Comment

そうでしたか(笑)
何でタクシー・・・という謎が解けました(笑)。
そうゆー事だったんですねw。毛無岱トレッキング実行しちゃったんですね。一度行くと病みつきになるでしょうね。私はまだ晴天の毛無岱を歩いていません:泣。紅葉終わりかけだったようですが、大階段からの眺め、池塘もはっきりと、岩木山もクッキリと見え最高でしたね。

良かったですね、優しい運転手さんで。
ってゆーか、ピーナッツさん・・・持ってるわ(凄)。
上毛無岱と下毛無岱、癒されますよね。
特に上毛無岱に向かって降りていく長い階段で、
急に景色が開けて湿地帯が見えたときには感動します。

タクシーの運賃、値切り交渉しなかったんですか?
酸ヶ湯からロープウエイの駐車場まで、
500円に値切ったことがあります。
メーターを倒さないで行ってくれました(笑い)

あ~ん、うらやましいゎ。ピーナッツさーーーん!!
「今年こそ、八甲田の紅葉を」と思ってたのに、休みのたびに雨。
おととし、自分的には最高の八甲田の紅葉を見たからまた行きたかった。
おととし→http://tsugirl.exblog.jp/16443257/

山に行くと、いろんな人との出会いがあって楽しいよね。
運転手さんとの城ヶ倉紅葉狩りも、いがったでばしぃ~(●´艸`)
つながる、つながる(^^)
な~るほど(^^)
みなさんも同じですがタクシーの絡みの件、話がつながりました。
写真を通した人との出会い、こちらもつながってますね~。
自分も3連休最終日は、繋がりができた日でした。
ハプニングとして記事にしましたよ(^_^;)
http://daikakuki.blogspot.jp/2013/10/blog-post_16.html

どろんこ・しりもちってワイルドピーナッツ☆さんですね。ピリ辛かな←意味不明。
激混みの中、ご苦労様でした(^^)
僕にとって未開の地でのトレッキング、羨ましい限りです。
一時の出会いも大事にしたい、
大人の男性(謎)のだいかくでした^^;
どうも、ウルトラマン太郎さん♪
タクシーの運ちゃん、なかなかノリの良い方でした(笑)

はい、毛無岱トレッキング実行しちゃっいました!
長靴の方が良かったかな~って思っています。
紅葉、終わりがけだったんですか?
私これからだと思ってました(泣)
眺めは本当に最高でした~!
来年も行きたいと思います♪

私?持ってませんよ。本当にお金だけはありません(爆)
空白さんへ☆
どうも、イカスちゃりんこ男子さん♪

そうそう、色んなブロガーの方が階段からの眺めが最高って言うのでどんなもんか気になっていたんです。
去年の東奥日報で、凄い錦の毛無岱の湿地帯が載ってたのでそういうやつかな~って思っていたんですが、現実に自分の目で見ると本当に感動で、階段の上から動きたくなかった感じです。

タクシーは・・・サービスしてもらいました(爆)
あんまり言うなって言われてるので(苦笑)
ってか、500円に値切ったって・・・アワアワ・・・(驚)
津軽ジェンヌさんへ☆
どうも、黒石観光大使ジェンヌ女史♪

おととしのジェンヌさんの記事見ました~~!!!
凄い~~~!!最高のコンディションで行ったんじゃないですか~~!!!
綺麗な錦の毛無岱です~~~☆☆☆
コレ見ちゃったらまた行きたくなって当然ですね!
しかも私の記事より分かりやすい内容!
また、来年も行きたいと思います!
私、ジェンヌ女史は双竜の滝に行けたのが羨ましいです~・・・
だいかくさんへ☆
どうも、眼鏡イケメン男子♪

だいかくさんのハプニング記事見ました!
だいかくさんご夫婦、いい人ですね~☆
very kindです(笑)

はい、今回のトレッキングは気合いを入れてハードコアワイルドピーナッツでのぞみますた!!
だいかくさんは大人の素敵男性ですよ~☆
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)