ファンタスティック義経寺☆

何度かアップしたけど大好きなレベッカの「MOON」♪



竜飛fightを終えて、綺麗な月を見ながら帰宅・・・

こんな綺麗な月はいつから見てない?

きっと、昔は普通に見上げてたのかも知れない・・・

カメラを覚えてからはこんなに素敵な夜があるのかと思ったら、今まで見て来た月が勿体なくってしょうがない・・・

記憶に消された月夜を想い出したいかの如く・・・

一歩、一歩、義経寺の階段を登る・・・

途中、私の帰りを待っていたらいけないって思って・・・ってか、私が買って来るおでんを待ってると思い社長に電話する。

P 「あ~、お父さん?今、義経寺(ぎけいじ)にいるから」

田舎だし、何も悪い事や怖い事はないけど一応イチイチ電話を入れる。

社長 「うんだべ!遅いど思ったっきゃ、月撮ってらべ!!!」

え???私、夕日を撮りに竜飛に行くって言ったのにどうして今のこの状況が分かるの~~~??

P 「え~?なして?」

って聞くけど・・・社長は・・・

社長 「あだりめだべな!そう思ったね!」

バレバレですか・・・そう言えば、「帰る」って言った時間からだいぶ遅い時間ですた・・・(爆)

私の行動パターンをだいぶ読まれています・・・

嬉しいやら、複雑やら、肉親だからこその、この読み・・・(爆)

相方氏曰く、私の事は 「誰にでも分かりやすいよ」 と・・・(泣)

おかしいな~~~・・・私の前世は、「くのいち」だからバレるはずないんだけど・・・(妄想)

とりあえず、ハァ~!ハァ~!・・・ってだいぶ体力が落ちてる体で携帯で話しながら階段を登るのでメッチャハード(爆)

お願い!シェンロン!!戻って来い!20代の私の体・・・「comeback !PERFECT BODY (By ケインコスギ)」





静かな・・・義経寺からの月光
十五夜5


下の方をトリミングしようと思ったら、厩石(まやいし)が上手く入らないんで撮影したまんまの状態でアップです。

厩石(まやいし)とはその昔、ご存じ源義経が蝦夷(北海道)に兄 源頼朝から逃げる際に、自分の信じる仏様を祭って、蝦夷に渡る為の祈願をしていたと言われている岩山。

私が小さい頃はこの岩山の下はすでに海で、こんな公園なんてなかった。

埋め立ててのこの公園。

公園にするにあたって、賛否両論はあったようですが・・・

公園にしてからは人が集まりやすくなったような・・・

昔の景観がなくなるのは淋しいです。

本当の姿が変わるのは嫌です。

でも、ここに公園が出来てからはなんだか集まりやすくなった。

観光的にも人が多くなった。

昔からの形をそのまま残すのは難しい。

それを維持するのも難しい。

でも・・・完璧な維持って、出来るの??

時が経てば歴史が変わるように形も変わる・・・

大陸移動説があったように・・・

全てが変わるのは嫌だけど、少しでも何かが残っていれば・・・

だから、どうにかして残したい・・・

伝説は信じがたいけど、義経が逃げて来たのは信じたい。

だって、昔ってどんなに警察的な関所とかあってもどうにかこうにかして山の中を歩き回れば逃げれるような気がしない???

本人は逃げるのに精いっぱいだったと思う。

最期には殺されたかも知れない・・・

でも、信じる物があったのでしょう・・・愛する人があったのでしょう・・・

未来を夢見たのでしょう・・・

ロマンとかって、簡単な素敵な言葉で済まされる事じゃなかったと思う。

親や、兄弟に殺される時代を当たり前に過ごして来て今の現代に通じるものがある・・・

現代は戦国時代じゃない。

現代は心に病む戦国時代なのか・・・

だったら、次は何が来る時代か・・・・(爆)

バブルが戻ってくればいいのに・・・

あれ???

私のブログ、こういう感じじゃなかったけど(泣)



スポンサーサイト
web拍手 by FC2