弘前ねぷた 2017 №2

  • Day:2017.08.04 12:05
  • Cat:弘前
とにかく初めて見た弘前ねぷた祭り♪

何か期待をしつつ弘前に着いた時間はすでに7時半過ぎ(爆)

時間的にはここから見れれば最高なんだけど、弘前ねぷた祭りは初めての参戦で駐車場の確保が難しい(泣)

中三駐車場が空いてるかも・・・っていう情報をゲットしましたが、すでに私の着いた時間は交通整理が始まっている・・・

着いた時間は7時半過ぎで、そこから30分近く駐車場を求めてウロウロ・・・(半泣き)

こりゃ無理だわ~・・・って諦めて、なんでか駅前まで行って24hの駐車場に乗り入れる。

だいぶ土手町から離れてるな~・・・って、半べそ状態で小走りで土手町へ向かう・・・

弘前の夜は、半袖の薄着でもだいぶ暑い・・・

熱気なのか気温のせいなのか・・・

自分的には心地の良い温度感でマリコ様たないで中心街へ急ぐ・・・

重いと思っていた「f値1.8新レンズ」でしたが、夢中になれば「心レンズ」☆

重さは、約800gとちょっと(爆)

でも重さなんて関係ない♪今はあなたを使いこなす事しか考えられない♡

まあ、ボディが軽いのが助かってるかもだけど実際ボディへの影響は大丈夫かな~・・・って心配になる・・・

だいぶかばってカメラを抱える・・・

さて・・・
え~~^っと、見返り絵ですかね?
ふうりんさんと一緒で私も見返り絵が好きです♪
ホッと癒されますよね☆
弘前ねぷた7

そしてつくづく思ったのが私って、太鼓隊が好きなのかも・・・(爆)
ここの太鼓隊がメッチャ腰が据わってる独特な叩き方で、動きが揃っててカッコ良かったのです!
沿道の観光客が皆息を飲んで見ていました!
弘前ねぷた3

大きい太鼓の上で叩くのはどんなに気持ちの良い事でしょう・・・
弘前ねぷた4

月が出ていました・・・
弘前ねぷた5

こちらは、ねぶたでは????(謎)
弘前ねぷた6

まだまだ!

祭りを楽しまなきゃ☆
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

Comment

こんにちは。

おニューのレンズいいみたいですね。

私も見返り(見送り)が好きです・・・というか見送り美人がいいですね。
正面の鏡絵はどこの団体も全部同じく見えてしまうとです(笑)。

駐車場探しは一報下さい。ただ私の場合は、青森方面からだと
岩木川沿をグルーっと迂回して、飲屋街をすり抜けての有料駐車場を
目指します。

ねぷたは、正面の「鏡絵」に対して見返しが「見送り絵」と呼びます。
絵柄は武者絵巻の合戦が題材にされたものが多く、よく見ると首が飛んで
いたりおどろおどろしいものばかりです。その辺が弘前方面の津軽人気質に
現れているのかもしれません。
青森太郎さんへ☆
どもども~!

おニューのレンズ、なかなかモンスターだす(爆)
ただ、だいぶ明るいので祭りなんかの暗い場所では頼りがいがあります。
見返り・・ではなくて、見送り・・・ですね~(笑)
私、だいぶ適当なのですんません。
ちゃんと調べないっていうか自分で意味が分かってるのでいいか~・・・みたいな軽い気持ち(爆)
それが、いつもいけないらしいです。怒られています(泣)

二日は、青森方面から7号を花咲き温泉を川沿いに走って藤田記念公園で右に誘導されそこからどうしていいか分からなくなりました(爆)
だいぶ皆、飲食店街の中に入って行くのでまだ空いてるのかしら・・・って不安でウロウロ(爆爆)

私、鏡絵のおどろおどろしい絵が大好きです。
地獄絵図って、なんだか色んな意味で有難い絵だと思うのです。
以前、「ルックルック」で動く目の落ち武者の首切りの絵が話題になりましたね。
しかも、その首切りの首の絵は本人の血を使っていますね。
あれが、弘前のお寺に収められていると知って感極まりまして森山ギャラリーでだいたい毎年そろそろ?やってますかね?
気持ちが落ちている時に見ると、とても効果絶大です。
生き返るような力がみなぎります。
切られた武者の生きたかった生命力が伝わるというか・・・
世の中のネガテイブな人々に見て貰いたい、首切り武者の掛け軸。
弘前ねぷたはそんな掛け軸のようにも見えます。
おどろおどろしいけど、恐怖だけじゃない・・・
今から地獄を見たら怖いものなんてない・・・
それがこの世なのかもしれません。
この世こそ、辛い人生はないでしょう・・・
戦国時代、泣いた人は数限りなし・・・
これは事実を知って、鎮魂の意味を本当に想う祭り
悲しい真実を今に受け継いで、そして送り届ける・・・
もしかしたら自分の先祖もつながりがあるかもしれない・・・
「ヤーヤードー」
子供達の空へも掛け上がる気持ちは、胸に響きました。

あ、第二段の弘前ねぷた撮影に行って来たのでまたアップしますね!
なんだか昼間っから飲み過ぎ語り過ぎました(笑)

  • 2017/08/06 15:39
  • ピーナッツ☆
  • URL
いえいえ
いや、まさにPさんの言う通り!

先祖への鎮魂のお祭りですね。
そう考えると、とっても愛おしいお祭りになってきます。
青森県内お祭りシーズンには、あちこち駆け回って地域の
お祭りの熱気と哀愁を感じたいですね。

PS:今別の荒馬まつり合同運行、短い時間でしたがかなり楽しめ
ました。ギャラリーもたくさんでしたよ。
青森太郎さんへ☆
どうもです~!

なんだか生意気な事を書いたかもです(汗)
青森のお祭り、本当に全部堪能したいですね~!

今別の荒馬、ギャラリーが毎年多くなっているようですね。
楽しめて何よりです☆
  • 2017/08/07 20:36
  • ピーナッツ☆
  • URL
ピーナッツ☆さん、やだー!!弘前にお越しだったのね!!
しかも、初の弘前ねぷただったとは。楽しめた???
注目されてた太鼓隊。わたしも揃っててかっこいいと思ってたよ(・∀・)

扇が「ねぷた」で人形が「ねぶた」ではないので。
弘前はとにかく「ねぷた」(笑)。人形の造りは「組ねぷた」という伝統的なもの。
人形の下に提灯が並んでる青森と違って。
弘前は扇も人形も津軽藩の「牡丹紋」と「雲漢」って描くって決まりなの。
津軽ジェンヌさんへ☆
ジェンヌさん、こんばんにゃ~!!

いや~~ん!コメントサンクスです~♪

そうなんです、なかなか夜の弘前には参戦出来なくて今回初めてチャレンジした次第だす☆
注目の太鼓隊、分かります~~????
メッチャ嬉し~~!!
とにかく目を引きますね~(^v^)
初参戦の弘前ねぷたは、よく分かんないまでも何かに導かれるように見に行った感じですが、色々勉強になりました。
弘前はとにかく「ねぷた」なんですね~!怒られちゃいますね(苦笑)人形の造りは「組ねぷた」という伝統的なものなのですか・・・ヤバい・・・本当に怒られそう・・・
弘前は扇も人形も津軽藩の「牡丹紋」と「雲漢」って描くって決まりなんですか・・・そういえば、いっぱいそういう文字を見ました(爆)
メチャ勉強になります!
来年は少し勉強をしてから望みたいと思います。
来年はなぬかび送りチャレンジを恐縮ながら見たいです☆
ジェンヌさん、サンキュー~~~♡



  • 2017/08/08 20:19
  • ピーナッツ☆
  • URL
Comment Form
公開設定