fc2ブログ

霊場恐山

  • Day:2010.07.25 21:02
  • Cat:下北
今回二回目となる霊場恐山



初めて訪れた時は、なんともいえないような、



不思議に落ち着くような感覚になりました。



鼻につく硫黄の臭いと



照りかざす天に近い太陽



宇曽利山湖(うそりさんこ)の山々と何もない白い岩や石や砂の空間



あの世とはこんなこの世のストレスを感じない、



何もない



気持ちも存在も「無」になる世界なんだって思いました。



ゼロからまた始められそうな気持ちになった場所です。



風が時折、慰めるように優しく吹いてきて頬をなぜたり、



幼くして亡くなった者を慰める為白い石を高く積み重ねてたり



木がおおい茂った場所には靴やぞうりなど、



故人が生きていた証しのものなどが、供えられています。



岩に子供の服を着せていたり、



生意気ですが私的に解釈すると、



恐山とは亡くなった人達を慰めるというより、



生きてる人達の、残された人達の魂を慰めるような場所だと思いました。



あいにく、大祭が昨日までだったので、



血の池は赤くありませんでしたが、火山で出来た場所とはいえ、



あの世のシミュレーションをしたような気持ちでした。



大切だった人達がその辺りで会えそうな気がして、



幾度となく、周りを見渡しました。



そうそう、温泉もあったなぁ…



興味のある方は是非どうぞ。



食堂やお土産屋もあったよ。












スポンサーサイト



web拍手 by FC2

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)