FC2ブログ

命の漁火

この日、実は大事な人の命日の前の日でした。

次の日は仕事だったので、この日しかなく実家に帰りました。

撮り鉄チャレンジが終わって、家で社長のウニをたらふく食していましたが漁火の話になって・・・

地元ではもうほとんど出てないとの事。

それでも、漁火が家の前からほんのり見えていたので三脚にカメラを装着させて海へ一人テクテク歩いて行きました。

車は運転出来ません。

だって、もう飲んじゃったし・・・(爆)

津軽海峡、三厩湾から西側
IMG_6833.jpg
青白く命のともしびのような光です・・・小さい頃から見てたイカ釣り漁船の漁火
IMG_6848.jpg
まさか、こんな風にヘタレ私が撮れるとは思っていなくて・・・
少し感動しました・・・自分で撮って(爆)
私にとって漁火とは、なんだか色んな想いがあって・・・懐かしいと淋しいと悲しいと青春と命の再生を願って・・・
とにかく見るとなんでしょう・・・複雑です・・・泣きたくなります・・・
多分きっと、地元の人達は同じような思いがあるんではないでしょうか?
胸が苦しくなるような想いが、漁火にはいっぱいあるはずです。
目が離せない・・・釘づけになる・・・懐かしい・・・でも、悲しい・・・淋しい・・・いつかは、新しい命の再生を祈って・・・

気が付くと西側には一つだけ星が光っていました。
IMG_6852.jpg
でも、なんか失敗したようです。
星空撮影って、難しいですね~・・・


スポンサーサイト



web拍手 by FC2

Comment

そうだね、大事な人の命日は忘れない!
星空に光っているよ!
漁火の一つひとつが命の輝きです!
  • 2013/07/20 05:05
  • 渓流の民!
  • URL
  • Edit
渓流の親父様へ☆
どうも~♪
漁火が見える方向は北海道です。
松前方面です。
漁火って、強い光です。
いっぱい電気の球を使っていますから。
陸側から見るとなんでか幻想的に見えます。
海に帰る火の玉みたいな・・・
昔お婆が、火の玉を見た事があるんだそうです。
墓の間からユ~ラ ユ~ラ と現れて海の方へ飛んで行ったそうです。
それはそれは綺麗なオレンジの光だったそうですよ。
青白くなかったそうです。
渓流の民様はそういう仕事に関わっていたようですので、いっぱい色んな話を御存じでは?
火の玉、私も見てみたいです。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)